一般に、1回の流産でリスク因子を検査する必要はありませんが、2回~3回以上流産を繰り返す場合は、両親のどちらかにリスク因子がある可能性があるので、検査の実施が検討されます。
なお、1回の流産でも妊娠10週以降の流産の場合や死産、早期新生児死亡の場合には、母体の要因が大きくなるとされていますので、検査をする意義はあります。

■不育症一次スクリーニング

【子宮形態検査】 

子宮形態異常がある場合には、着床の障害になったり、胎児や胎盤を圧迫して流・早産を繰り返すことがあります。

子宮卵管造影検査(HSG) 子宮の中に造影剤を入れて子宮の内腔の形をみます
経膣超音波検査 子宮の中に生理的食塩水を入れて見るSonohysterography(子宮腔内液体注入法)や二次元、三次元の超音波検査などがスクリーニングとして利用されています。
中隔子宮と双角子宮の鑑別には、MRIや3次元超音波検査が必要となります。


【内分泌検査】

甲状腺機能亢進・低下症、糖尿病などでは流産のリスクが高くなるため、これらの内分泌疾患の有無を調べるスクリーニング検査を行います。

甲状腺機能検査 血液検査で甲状腺のホルモン検査(fT4、TSHなど)を行います
糖尿病検査 血液検査で糖尿病検査を行います


【夫婦染色体検査】 

胎児染色体異常の多くは偶発性ですが、夫婦の染色体異常が原因の場合があります。夫婦の染色体検査により、夫婦の染色体異常の有無がわかりますが、以下のような点に留意する必要があります。

夫婦染色体検査 夫婦で染色体に構造的な異常がないかどうか血液検査で調べます(スクリーニングとしては保険適用外)。

※夫婦染色体検査実施時の注意事項
染色体や遺伝子などの遺伝情報を取り扱う際には、検査の実施前から十分な遺伝カウンセリングが必要です。不育症では、夫婦どちらの原因かを特定することは、必ずしも夫婦の利益につながりません。染色体異常があった場合に、どちらか特定せずに結果を伝達するという選択肢も含め、予め夫婦と担当医で確認をすることが望まれます。


【抗リン脂質抗体検査】 

抗リン脂質抗体症候群では、血栓症などにより、流産・死産を繰り返すことがあります。

抗リン脂質抗体検査 血栓や流産のリスクとなる抗リン脂質抗体を調べます。
抗CLβ2GPI複合体抗体
抗CLIgG抗体
抗CLIgM抗体(保険適用外)
ループスアンチコアグラント(dRVVT法とaPPT法が保険収載されています)
上記のいずれか一つ以上が陽性となった際は、12週間以上の間隔をあけて再検査することが必要です。
再検査の結果、陽性が持続した場合、抗リン脂質抗体症候群と診断します。
再検査の結果、陰性となった場合、偶発的抗リン脂質抗体陽性例と診断します。

 

■不育症選択的検査

一次スクリーニングほど明確ではありませんが、不育症との関連性が示唆されている検査です。

抗PE抗体 抗PEIgG抗体、抗PEIgM抗体(保険適用外)
血栓性素因スクリーニング
(凝固因子検査)
第Ⅻ因子活性
妊娠初期に流産を繰り返す方に、第Ⅻ因子欠乏症が認められる場合があります      

プロテインS活性もしくは抗原
妊娠初期流産、後期流産もしくは死産を繰り返す方に、プロテインS欠乏症が認められる場合があります

プロテインC活性もしくは抗原
頻度は低いですが、不育症例の一部に低下する症例があります

APTT(活性化部分トロンボプラスチン時間)
抗リン脂質抗体症候群や血栓性素因のある方では、APTTが延長する場合があります。

 

[2013.08.01掲載]