不妊の治療

不妊治療には、大きく分けて、タイミング法、薬物療法、手術療法、人工授精などの「一般不妊治療」と、体外受精、顕微授精など卵子や受精卵(胚)を体外で取り扱う「生殖補助医療(ART)」の2種類があります。
不妊治療は通常、自然に近い方法からより高次の治療法へと、段階的に進んで行きますが、不妊の原因によっては初めから高度な治療を行う場合があります。生殖補助医療(ART)は一般不妊治療と比べて経済的負担が大きく、また肉体的負担も少なくありません。

 

■一般不妊治療

タイミング法 不妊治療の最初のステップで行われる最も基本的な方法で、排卵日を診断して性交のタイミングを合わせて自然妊娠をめざします。性交のタイミングに問題があるカップルは意外と多く、この方法だけで妊娠するケースも少なくありません。不妊の原因が判明している場合は、薬物療法などによる治療と並行して、半年から1年間ぐらい行います。
薬物療法
(排卵誘発)
不妊の原因によっては薬物療法が有効な場合があります。
例えば、排卵障害の場合には、排卵誘発剤を投与し、卵巣を刺激して排卵をおこします。タイミング法と併用したり、人工授精の妊娠率を高めるためや、体外受精などの生殖補助医療の際にも多くの場合併用されます。
手術療法 不妊の原因によっては手術療法が選択されます。
例えば、子宮筋腫や子宮奇形、子宮内膜症、卵管障害、精索静脈瘤、精路通過障害が不妊の原因と考えられる場合に手術が行われます。近年は、腹腔鏡や子宮鏡のもとで行う手術など、開腹手術に比べて身体への負担が軽くて済む手術が急速に普及しています。
人工授精 精子を人工的に子宮腔内に注入する方法です。夫の精子を妻の子宮に注入する「配偶者間人工授精(AIH)」と、夫以外の精子の提供を受けて注入する「非配偶者間人工授精(AID)」の2種類があります。

 

■生殖補助
医療(ART)

 

体外受精
―胚移植
(IVF-ET)
卵子と精子を体外で受精させて培養し、できた胚(受精卵)を子宮に戻す方法です。
通常は排卵誘発剤を使用します。採卵は、通常麻酔をかけ、超音波装置の経膣プロープに取り付けた針を膣から挿入して、卵胞から卵子を卵胞液ごと1個ずつ吸引します。1回の採卵の個数は個人差がありますが、1回の採卵で平均10個の卵子を採取します。
精液は採取して、運動性のよい精子を回収し、培養液の中で受精させると、受精卵は分割を始めて胚になります。その中から質の良い物を選び出し、子宮の中に注入します(胚移植)。
腹水や胸水をともなう「卵巣過剰刺激症候群(OHSS)」など排卵誘発剤の副作用や、採卵時の出血や麻酔のトラブルなどが起こる危険性があります。排卵誘発剤を使用することで多胎妊娠が起こる可能性も高まります。
胚盤胞移植 通常の体外受精-胚移植(IVF-ET)より受精卵を長く培養し、「胚盤胞」と呼ばれる着床直前の状態にまで育った胚を移植する方法で、より妊娠率が格段に高くなることがわかっています。受精卵の培養期間が長くなることから、より高度な技術と設備が必要になります。
二段階胚移植 体外受精で得られた胚を、2回に分けて移植する方法です。1回目は通常の体外受精-胚移植(IVF-ET)と同様に行い、2回目は「胚盤胞」を移植します。1回目の胚移植は、それ自身の着床をめざすのはもちろん、子宮内膜にシグナルを送って着床しやすい状態に変化させる目的があります。着床のチャンスを増やす分、多胎のリスクは増加します。
顕微授精
(卵細胞質内
精子注入法:

ICSI)
体外受精では受精がおこらない場合に、顕微鏡を見ながら卵子に精子を人工的に注入(授精)して、受精させる方法をいいます。最先端の技術が必要であるため、実施できる施設は限られています。
顕微授精の方法として、卵細胞質の中に精子を注入する「卵細胞質内精子注入法(ICSI)」が主流となっています。卵子への注入を人工的に行うため、運動能力に欠ける精子も利用できるのが体外受精とは異なる点です。
顕微授精は、重症の男性不妊にも妊娠の可能性をもたらしましたが、無精子症や重度な乏精子症は染色体異常や遺伝子異常が原因である場合が少なくありません。顕微授精によって本来なら自然淘汰されるはずの精子が使われれば、かなりの確率で子どもに遺伝することも考えられます。体外受精一般のリスクとともに、顕微授精特有の問題点もよく理解したうえで選択する必要があります。
受精卵・精子の
凍結保存
体外受精で得られた余剰の胚(受精卵)を凍結保存し、次周期での胚移植に利用することができます。こうした凍結胚を利用することで、排卵誘発剤の副作用や採卵時の身体的負担が軽減されるのは大きなメリットです。しかし、デリケートな細胞であるため、取り扱いには細心の注意が必要とされています。

 

[2013.08.01掲載]