■性ホルモンと排卵のしくみ

女性の月経と排卵が起こるサイクルには、さまざまな性ホルモンが関与しています。ホルモンは外界と通じていない血液の中に分泌されることから「内分泌」といいます。月経と排卵はこの内分泌のしくみによって起こります。
性ホルモンを分泌する司令塔は、脳の中にある「視床下部」と「下垂体」で、連携しながらホルモンの流れを司っています。月経の頃に下垂体から分泌されるホルモンが卵巣を刺激することで、約2週間かけて排卵へと向かっていきます。

●視床下部
脳の視床下部からゴナドトロピン放出ホルモン(性腺刺激ホルモン放出ホルモン:GnRH)が分泌され、下垂体に指令を出します。 

●下垂体
視床下部からの刺激をうけて、卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体化ホルモン(LH)を分泌し、卵巣を刺激します。卵巣刺激ホルモン(FSH)と黄体化ホルモン(LH)を合わせてゴナドトロピン(性腺刺激ホルモン)と呼びます。 

●卵巣
卵巣刺激ホルモン(FSH)は、卵巣の中に蓄えられている卵胞に働いて、そのうちいくつかを成熟させます。その中の1個だけが成熟して主席卵胞となり、約2週間かけて成長していき、残りの卵胞は委縮していきます。これらの卵胞は、卵胞ホルモン(エストロゲン)を分泌します。卵胞ホルモン(エストロゲン)は排卵が近づくにつれ急激に増加し、これにより卵胞が成熟したことを感知した視床下部は再び下垂体に指令を出し、大量の黄体化ホルモン(LH)を一気に分泌させます(これを「LHサージ」とよびます)。LHサージ開始により卵巣が刺激され、卵子が成熟して、卵胞と卵巣の壁を破って飛び出します。すなわち「排卵」が起こります。
排卵後に卵巣に残された卵胞は、「黄体」という内分泌組織に変化します。黄体は黄体ホルモン(プロゲステロン)を分泌し、子宮内膜に働きかけて内膜を厚くし、受精卵が子宮内に着床しやすい状態に整えます。
なお、「黄体」は、色が黄色であることが名前の由来となっています。

性ホルモン分泌のしくみ
【性ホルモン分泌のしくみ】
卵子の成熟と排卵
【卵子の成熟と排卵】

 

■妊娠のしくみ

卵巣から排卵された卵子は、卵管に自動的に入っていくわけではなく、体内のさまざまな臓器をおさめている「腹腔」という大きな袋の中へと飛び出していきます。それを、「卵管采」という器官がキャッチして、卵管の中へと取り込みます。卵子は卵管采の奥の「卵管膨大部」という場所で精子の到着を待ち、ここで受精が行われます。
一方の精子は、膣、子宮口を通って、自力で卵管にやってきます。多数の精子が卵子と受精を試みますが、卵子を取り囲む透明帯を通過できるのは1個だけです。透明帯を通過した精子の頭部が卵子に接着し、受精が完了します。
受精卵は細胞分裂をくり返し(これを「分割」といいます)、「胚」という状態となって、卵管の中を線毛運動(卵管の内側にある細かい毛の動き)と蠕動運動(卵管自体の筋肉の収縮)という2つの運動によって子宮に向かって移動し、4~5日かけて子宮に到達します。
子宮に到着した受精卵は、すでに胎盤の元となる細胞や胎児になる細胞、液体にみちた腔をもつ「胚盤胞」となっています。この胚盤胞が透明帯から脱出して、子宮内膜の中にもぐり込んで着床し、妊娠が成立します。
卵子が受精能をもつ期間は短く、およそ24時間です。また、精子が受精能を有するのは通常48時間から72時間ほどです。卵子と精子にはそれぞれ寿命があるため、受精を成立させるには性交のタイミングがきわめて重要となります。
また、妊娠するまでには、排卵⇒受精⇒分割⇒着床という流れがあります。その流れがどこかでつまづくと、次の過程に進むことができません。それぞれの段階では、卵子や精子、男女の生殖器やホルモンなどが密接に関わり合いながら、独自の役割を果たしていますが、各々の機能が十分に発揮されなければ、妊娠という結果をえることはできません。

妊娠の仕組み
【妊娠のしくみ】

 

■子宮の構造と機能

子宮は、「子宮体部」と「子宮頸部」からなっており、通常の子宮は鶏卵ぐらいの大きさです。子宮頸部は膣と接しており、その内腔の細い管の部分を「子宮頸管」といいます。排卵の前に「頸管粘液」を分泌して精子を通過しやすくさせる機能を持っています。
子宮体部の内側を覆っているのが「子宮内膜」で、周期的に変化しています。卵巣刺激ホルモン(FSH)の働きで卵胞から卵胞ホルモン(エストロゲン)が分泌されると、子宮内膜が増殖を開始します。これは月経初日から14日目頃の排卵日まで続き、この期間は「増殖期」とよばれます。排卵を契機に卵巣の黄体からは黄体ホルモン(プロゲステロン)が分泌され、子宮内膜は14日間程度の「分泌期」に変わり、次第に厚みを増して着床の準備を整えます。
排卵の後、卵子が受精しなければ黄体は退化します。黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌も減少し、子宮内膜の血管に変化がおこって血液の供給がとまり、子宮内膜ははがれ落ちます。これが次の月経のはじまりです。

■月経のしくみ

 

妊娠が成立しなかった場合、厚くなった子宮内膜は剥がれ落ち、血液とともに体外に流れ出ます。この現象が「月経」です。月経が始まった日から、次の月経が始まる前日までを「月経周期」といい、通常は25~35日ぐらいの周期で繰り返されます。月経周期は、月経後から排卵までの「卵胞期」、排卵が起こる「排卵期」、排卵後から次の月経が始まるまでの「黄体期」、月経が起こる「月経期」の4つに分けられます。月経周期の卵胞期は子宮内膜の増殖期に相当し、月経周期の黄体期は子宮内膜の分泌期に相当します。
卵巣機能が衰退し、ホルモンの分泌が減少すると、月経が永久に停止します。これを「閉経」といいます。
月経のしくみ

 

■基礎体温について

体の動きが最も安静な状態にあるときの体温を「基礎体温」といいます。それをグラフ化した基礎体温表を観察すると、排卵の有無や卵巣の働き、ホルモンのバランスなどがある程度わかります。基礎体温は、毎朝目覚めたらすぐ、布団に入ったまま、少数第2位まで測定できる婦人体温計を使って口の中で測定します。
健康な女性の基礎体温は、月経や排卵といった周期にしたがって低温期と高温期の二相性を示します。高温期が17日以上持続する場合は、妊娠の可能性があり、高温相が10日以内で不安定の場合は「黄体機能不全」、高温相がなく一相性の場合は「無排卵」の可能性があります。
なお、基礎体温表のみで排卵日を確定することは困難です。

■妊孕性について

「妊孕性」(にんようせい)とは、妊娠のしやすさのことをいいます。女性は産まれた時には、両側の卵巣に約200万個の原始卵胞を持っていますが、その後新しく作られることはありません。排卵の始まる思春期の頃には40~50万個、40歳頃には数千個まで減少するといわれます。また、新しく作られないということは、年齢を経てから排卵される卵子はそれだけ年数をへた卵子ということになり、加齢によって卵子の数だけでなく、卵子の質も低下していくと考えられています。このようなことから、加齢とともに妊孕性は低下していきますが、35歳を過ぎるとその傾向は加速します。
また、流産の頻度も加齢とともに増加します。母体年齢から流産率をみると30歳前半で約15%、30歳後半では17~18%、40歳では25~30%と報告されています。これは、女性の体の中で起きる自然淘汰といえます。
流産の80%は染色体異常が原因で起こりますが、加齢に伴う卵子の老化によって染色体異常が起こりやすくなり、着床前に死滅したり、着床後に発生が止まり流産となったり、先天異常率が上昇すると考えられています。
近年、生殖補助医療(ART)を受ける患者数は増加し、40歳以上の患者の占める割合も増加傾向です。しかし、年齢と妊娠率に関して検討すると、妊娠率・生産率は35歳頃より下降が進み、40歳を超えると急激に下降しています。一方、流産率は40歳を超えると急激に上昇し、45歳以上では、妊娠率は5%以下、生産率はさらに低く、流産率は60%となっており、生殖補助医療(ART)によっても、加齢による妊孕性の低下は避けられないことがわかります。

ART妊娠率・生産率・流産率2011
【ART治療成績】ARTデータブック2011(日本産婦人科学会)より

 


【引用・参考文献】
*久保春海他(2006):不妊相談のためのマニュアル.不妊に対する理解と支援のための普及事業 事業委員会*峰克也他(2012):女性の年齢と妊孕性 卵のエイジング 特集 不妊と周産期医療.周産期医学, vol.42, No8*日本産科婦人科学会ホームページ:ARTデータブック2011(アクセス:2013.11)
 

[2014.03.04掲載]